• 訳あり5オンス
  • うがい用紙コップ
  • 透明カップ12オンス
  •   
  • 透明カップ89φ
  •   
  • オリジナルカップ
  •  
2020年 09月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
今日
休業日
2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休業日

 

インフルエンザ予防グッズとして揃えておくべきアイテムとは?

インフルエンザ予防グッズとは、インフルエンザの感染を防ぐ可能性の高いグッズのことです。毎年流行するインフルエンザですが、従業員に予防を働きかける企業も多いことでしょう。この記事では、インフルエンザの予防が期待できるグッズの紹介や、インフルエンザについて説明しています。必要なグッズを把握して感染防止に役立ててください。

予防グッズで感染防止!インフルエンザとは?

感染症の1つであるインフルエンザと、風邪との違いについて解説します。

インフルエンザとは?

インフルエンザウイルスに感染して発症する病気です。感染してから発症するまでは、約1〜3日の潜伏期間があり、治るまでに10日前後かかります。インフルエンザには流行性があり、毎年11〜12月頃に流行り始め、1〜3月頃にピークを迎えます。

感染経路

インフルエンザには、飛沫感染と接触感染の2つの感染経路があります。飛沫感染は、ウイルスに感染した人がくしゃみや咳をして、飛び散らせたしぶきを周りの人が吸うことで感染します。接触感染は間接的に感染する場合をいい、ウイルスが付いた手で触ったドアノブやタオルを別の人が触り感染していきます。

病状

インフルエンザは、突然38度以上の高熱がでて、全身症状として頭痛や関節痛などが強く現れます。症状にも流行があり、毎年同じではありません。まれに重症化することもあり、肺炎やインフルエンザ脳症などの合併症状を起こします。

風邪とインフルエンザの違い

様々なウイルスや細菌により発症する風邪は、鼻水や喉の痛みが出てから発熱していきます。強い全身症状はほとんどなく、重症化することも多くありません。インフルエンザの原因はインフルエンザウイルスで、突然高熱がでるのが特徴です。全身症状である倦怠感や関節痛などの症状もでます。

インフルエンザに感染する人の割合

日本では、例年1,000万人前後、10人に1人がインフルエンザに感染しています。かかりやすい人は、「不規則な生活」「日中に活動しない」「身体を動かしていない」人が多く、体の免疫力の低い人が多いようです。インフルエンザウイルスは低温低湿の環境で活動するので、換気をせず乾燥した環境にいる人もかかりやすいでしょう。

インフルエンザの予防接種

医療従事者、高齢者、小児、基礎疾患を持つ家族や介護者に、インフルエンザ予防接種が特に勧められています。しかし、ウイルスは毎年変化するので、症状を100%予想して予防接種を作ることは困難です。インフルエンザ予防に100%効果がある訳ではありませんが、「重症化の予防」には効果があります。

インフルエンザ予防に揃えておきたいグッズ

インフルエンザの予防が期待できるグッズについて解説します。

マスク

飛沫感染対策には、目が細かい不織布の使い捨てマスクがおすすめです。喉の乾燥対策には、就寝時のマスクがよいでしょう。マスク内で自分の息がこもり、保湿になります。

DISPO ONLINE SHOPでは、オフィスに常備したい業務用マスクを取り扱っています。

マスクケース

外出先へ、予備用マスクを清潔に持ち歩ける保管ケースがあります。カバンの中で他の荷物とぐちゃぐちゃになることを避け、マスクを守るのにもおすすめです。

除菌アイテム

マスク以外の予防グッズでは、除菌アイテムがあります。除菌スプレーやウイルスブロッカーなどは、身の回りの除菌が期待できます。手洗い石鹸で手を洗えない環境では、除菌ジェルや消毒液で手を消毒しましょう。

DISPO ONLINE SHOPでは、オフィスで使用できるウイルスブロッカーを取り扱っています。

保温グッズ

体調を崩す原因の1つには、冷えも関係しています。体温が日常的に低いと血流が悪くなりやすく、ウイルスから身体を守る免疫力が低くなる可能性があります。身体を温める重炭酸の入浴剤や、電気毛布、足元を温めるムートンスリッパなどの保温グッズで、身体を温めるようにしましょう。

グッズ以外にも!インフルエンザに感染しないための予防策

日常生活の中でできる、インフルエンザに感染しないための予防策について紹介します。

手洗い

インフルエンザウイルスは、多くの人が触れるドアノブやつり革などに付いている可能性があります。ドアノブなどを触ることで自分の手にもウイルスが付くので、こまめな手洗いを徹底しましょう。手洗いは、外出後・食事の前・食事の準備の前後などに行います。

爪は短く切っておくと、爪の間などに入り込んだウイルスも効果的に洗うことができます。手首や指の付け根なども念入りに洗ってください。
DISPO ONLINE SHOPでは、トイレの手洗いスペースに常備する薬用ハンドソープを取り扱っています。

うがい

日常生活を送っているだけで、インフルエンザウイルスは体内に入ります。手洗いと同様に、外出から戻ったらすぐにうがいをしてください。うがいは、口やのどについたウイルスを排出し、のどに潤いも与えます。風邪予防と共に習慣にするとよいでしょう。

DISPO ONLINE SHOPではトイレの手洗いスペースに常備するうがい用におすすめの紙コップを取り扱っています。

生活習慣

睡眠をしっかりとり、定期的に運動をするなど、規則的な生活を送っている人は、インフルエンザにかかりにくいといわれています。また、疲れをためないようにしている人もかかりにくいといわれています。

食生活

バランスのよい食事をとっている人は免疫力も高く、インフルエンザにかかりにくいです。予防するためには、免疫を高める乳酸菌が含まれるヨーグルト、腸内環境を整える食物繊維が豊富な納豆、抗ウイルス作用が期待できるカテキンが豊富な緑茶を意識的にとるとよいでしょう。また、こまめな水分補給も行ってください。

部屋の加湿

インフルエンザウイルスは、乾燥している環境で増殖します。さらに空気の乾燥は、気道の粘液の分泌を低下させるので、ウイルスが体内に入りやすくなります。空気を乾燥させないためには、加湿器の使用がよいでしょう。加湿器がない場合には、濡れタオルを室内に干す、やかんでお湯を沸かすことでも加湿できます。

対策グッズでの予防

規則正しい生活やバランスのよい食事、加湿を行いつつ、対策グッズで予防することも大切です。インフルエンザ流行時は、人混みへの外出が感染の可能性を高めるので避けるべきです。仕事などで避けられない場合には、マスクや除菌グッズなどを使用すると、予防が期待できます。

まとめ

インフルエンザの予防対策として、日常生活の見直しやバランスのよい食事は大切ですが、マスクなどの対策グッズを取り入れることも、感染の可能性を低くします。感染を予防するためにも、ぜひ予防グッズを揃えてください。

DISPO ONLINE SHOPでは、手洗い石鹸、消毒液、アルコール製剤など業界最安値を目指し販売しています。2点以上購入で送料無料(北海道、沖縄、離島を除く)になり、14時までの注文で当日発送できる商品もあります。決済システムも代金引換やクレジットなど選べるので安心です。