• うがい用紙コップ
  • 透明カップ12オンス
  •   
  • 透明カップ89φ
  •   
  • 消毒液入荷
  •  
2020年 06月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
休業日
2020年 07月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
休業日

 

紙皿は電子レンジで使えるのか?紙皿の利用方法を徹底解説

紙皿は安全性を踏まえ電子レンジでの使用はお勧めしません。
どうしても使用しなければならない場合は必ず以下の注意点をお守りください。
料理を食べるときに欠かせないお皿ですが、最近では使い捨ての紙皿が広く普及しています。紙皿は、地域ごとのイベントや・ホームパーティーなどの場で、非常に活躍しています。しかし、紙皿を電子レンジで使用してもよいのか、使用できる食品に制限があるのかなど、不明な点も多いです。

この記事では、紙皿の取り扱い方について詳しく解説しているので、イベントなどで紙皿の利用を検討している方は参考にして下さい。

紙皿は電子レンジでチンするとどうなる?

紙皿は、電子レンジで使用することはできるのでしょうか?電子レンジで紙皿を使用するとどうなるかを解説します。

紙皿の表面にはポリエチレンが使われている

紙皿の表面は、ポリエチレンがコーティングされていることで、紙皿の耐水性を強化しています。ポリエチレンのコーティングがされていない紙は、水分がしみこむことで、強度が低下します。

ポリエチレンの耐熱温度は110℃

ポリエチレンの耐熱温度は110℃で、それ以上になると溶け出します。電子レンジ使用時に110℃を超えることはないと考えられますが、紙皿をラップフィルムでおおっていたり、油を含んだ食品をのせていたりすると、電子レンジによる加熱で、110℃以上になることがあります。

溶け出したポリエチレンの毒性とは?

紙皿でレンジ使用時に、食品の温度が110度以上になり溶け出たポリエチレン自体には、毒性がないと言われています。溶けたポリエチレンが食品に付着して体内に入っても体外に排出されます。

紙皿の耐熱温度

紙皿の耐熱温度は、110℃で、ポリエチレンの耐熱温度に相当します。紙の発火温度は高く、新聞紙で290℃、模造紙で450℃と言われています。紙は熱源に接しない限り発火することはなく、使用方法を誤らければ、電子レンジでは安心して使用できます。

紙皿を電子レンジで使う際の注意点

紙皿を電子レンジで使う際のの注意点について解説します。

紙皿にラップフィルムをしない

紙皿を電子レンジで使用する際には、ラップフィルムをしないように気をつけましょう。ラップフィルムの耐熱温度は140℃前後です。紙皿にラップフィルムをした状態で電子レンジを使用すると、温度が高くなりすぎる可能性があります。火傷する恐れもあるので、気をつけましょう。

油物をのせてレンジを使わない

紙皿に油物をのせてレンジを使用しないように気をつけましょう。油を含む食品を紙皿にのせ、電子レンジを使用すると、温度が急激に上昇します。110℃を超えることもあるため、紙皿のポリエチレンが溶け出る恐れがあります。油物の過熱が必要な際は、加熱時間を守るなどの注意が必要です。

紙皿のレンジ使用は最長2分まで

紙皿のレンジ使用は最長2分までとし、長時間使用しないようにしましょう。長時間使用すると、高温になり過ぎる可能性があります。紙皿でレンジ使用をする際は、500wで2分、1000wで40秒まで、とすることをおすすめします。

異臭がしたらやめる

紙皿に食品をのせ、電子レンジを使用している際に異臭がしたら、すぐに使用をやめましょう。使用時間が長い場合など、食品が焦げてしまうことがあります。気づかず放置しておくと、発火することもあり危険です。

使用中は目を離さない

紙皿に食品をのせ、電子レンジを使用している際は、目を離さないようにしましょう。発火などの大事故につながる可能性があります。

使用上の注意をよく読む

紙皿のパッケージには、使用時の注意点が記載されているので、よく読んで使用しましょう。レンジ使用不可とかかれている場合のレンジ使用は危険です。

温める時はレンジ対応のお皿を使う

食品を温める時には、基本的にはレンジに対応できるお皿を使うことをおすすめします。レンジ対応のお皿には、耐熱性プラスチック・シリコン・耐熱ガラス・金や銀の色付けがされていない陶磁器などがあります。

電子レンジで使えない食品

電子レンジで使えない食品があるので、気をつけましょう。例えば、卵・イカ・ウインナーソーセージなどは、皮や膜に切れ目を入れておかないと爆発します。揚げ物はレンジ使用できますが、カリッとした仕上げにはなりにくいので、やはり不向きと言えます。

電子レンジで使える食品

電子レンジは、野菜の下処理など料理の下ごしらえの際に非常に活用できます。じゃがいもを柔らかくしたり、たまねぎの辛味を除去し甘い味わいにしたりなどが可能です。卵も割って使えばスクランブルエッグにできるなど、使い方を工夫することで、使用可能となります。

紙皿の便利な使い方

紙皿の便利な活用方法について解説します。

耐水性・耐油性に優れている

紙皿は耐水性・耐油性に優れています。水分の多い食品や油分の多い揚げ物をのせられます。ボウル型の紙皿は、カレー・シチューなどを入れても大丈夫です。

家事が楽になる

紙皿を使うことで、家事が楽になります。食事の後のお皿洗いは大変です。たまには、食事用のお皿をすべて紙皿にすることで、手抜きをしてみてはいかがでしょうか。紙皿を使用すれば食器を洗う際の水道代や洗剤代を節約できるほか、食器を洗う時間自体を省けます。

パーティー・バーベキューでは必需品

使い捨ての紙皿は、屋外でのバーベキューや多くの人が集まるパーティーなどでは非常におすすめです。イベント終了後の片付けは大変なものですし、非常に面倒です。紙皿なら、使い終わったらゴミ箱に捨てるだけなので片付けが不要になります。

災害時に役立つ

紙皿は、災害時に非常に役立ちます。ただし、災害時は使い捨てにせず、何度も使用したいものです。使用する際はラップフィルムをしいた上に食材をのせれば、何度でも使用でき便利です。

まとめ

使い捨てが可能な紙皿は、屋外での食事や大勢の人が集まるパーティーなどの際に非常に活用できます。耐水性と耐油性の両方の性質を備えているので、様々な料理に使用できます。ただし、電子レンジで紙皿を使用すると、加熱時にポリエチレンが溶け出る恐れがあるため、基本的には使用しないようにしましょう。

DISPO ONLINE SHOPでは、使い捨ての紙皿・紙ボウル・紙コップなどを多数販売しています。こちらのお店は、1枚あたり2.5円など業界No.1の激安価格を提供しています。生活用品を多数販売しているので、業務用でのまとめ買いを検討している方は、ぜひ一度ご覧ください。